>

FX取引とレバレッジ

海外に行くとして

もう少し詳しくFX取引についても、取り上げてみたいと思います。

例えば仕事や旅行なでで、海外に行く用事があったとします。
行った先の通貨に、お金を両替する必要があります。
両替した時のレートで、円を現地の通貨に両替しました。
その後帰国したりしばらくして、通貨から円にまた両替したら、行く時のレートより今のレートのほうが高くなっていて、儲けが出ました。

このような繰り返しが、FX取引のようです。
レートは、24時間休みなく変動しています。
FX取引も、スマホやPCなどインターネットの環境を使い、業者を通じて24時間休みなしです。
休みなしとは、取引が可能という意味で、取引する個人が休みなしでしているわけではありません。
それぞれが出来る時間帯に、インターネットにアクセスして取引しているのです。

FXはギャンブルか

ともすれば一見、FX取引はギャンブルのようなものではないか、という感覚になったりもします。
儲かるとか、あるいは元手も無くなるほどの損失もありうる、とか。

しかし、実際にFX取引をしている人にしてみれば、お金を育てている、という感覚があるようです。
さまざまな角度からレートを分析し、冷静に判断をして、投資をする、というような。

FX取引をしている人の中で、充分な利益を上げられている人は、1割にも満たないというデータがあるようです。
ましてレバレッジも操りながら大きな利益を上げるとなれば、一握りなのでしょう。

充分でないものの、少しでもお金を増やしていきたいと考える選択肢もあるという意味では、ギャンブルとは異質なのかもしれません。


SHARE!