>

レバレッジを利用する

レバレッジを効かせる

レバレッジとは、レバーという言葉が語源となっています。
元本に対して、更にレバーでてこ入れという雰囲気でしょうか。
FXトレーダーの間では、レバレッジを効かせる、などと表現するそうです。

レバレッジの倍率は、現在、日本では元本の25倍までと決められています。
以前とても高い倍率が乱立したことがあり、その後規制された背景があるようです。

例えば元本4万円で取引しようとした時に、レバレッジを最大25倍効かせたら、元本100万円の取引が出来ます。
そこで利益が出た場合、元々自分のお金は4万円ですから、それ以外の利益額は、FX業者に返します。

つまり逆を言えば、レバレッジを効かせて損益が出たら、その分も自分で背負うことになります。

ハイリターンハイリスク

このように、レバレッジを効かせることは、ハイリターンハイリスクを含んでいます。
とはいえ、元本が少額ならば、利益が少額なのも事実です。

元本が少額で、ある程度の利益を望むのならば、レバレッジを使うのも一手でしょう。
レバレッジの倍率は、トレーダーの意志で選択出来ます。
自分にちょうど良い倍率を探せればよいでしょう。

倍率も含め、取引全体にしても、長い時間インターネット画面を睨んでいればその分利益が上がるというものでもないようです。
長すぎない、適度な取引時間で、ストレスの少ない環境を整えることも重要です。
そうしたことにより、無駄なミスを防ぐことにも繋がります。

レバレッジおよびFX取引には、環境を整えながらの冷静な判断が必要です。


SHARE!