FXで覚えておきたいレバレッジ

FXとは


FXは外国為替証拠金取引(Foreign Exchange)の略です。

 

前半の「外国為替」とは、「国と国の通貨を交換する取引」のこと。

 

後半の「証拠金取引」とは、モノ(この場合は通貨)を実際にやりとりせず、売買の結果生じた損益を口座残高に反映する取引のことです。それぞれについて、詳しく解説いたします。

 

FXとはどのような投資なのか?
1年前に1ドル=100円だったのに、今は1ドル=110円になっているというように、国と国の通貨を交換するレートは、経済的に発展している先進国同士の場合、常に変動しています。

 

このレート変動を利用するのがFXでの取引方法です。海外旅行を例に、この仕組みを解説してみましょう。

 

仮に、1ドル=100円だとします。これから米国に旅行するので、現地で使うお金が必要ですから、10万円分の日本円を米ドルに交換します。すると、10万円→1000ドルになります。

 

でも米国旅行では、すべての出費をクレジットカードで決済できたため、交換した1000ドルは結局使わなかったとします。

 

日本に帰ってきたら米ドルは必要ありませんから、また日本円に戻さなければいけません。このときに1ドル=110円にレート変動していたら、1000ドルは11万円なので1万円のプラスになりますよね。

 

逆に1ドル=90円になっていたら、1000ドルは9万円になるので1万円のマイナスです。

 

このようなレートの変動を、事前にある程度の精度で予想できれば、米ドルと円の交換レートに投資をすることで、リターンを得られる可能性があります。もちろん、予想が外れて資金が減るリスクも負うことにもなります。

 

これが、FXの基本的な仕組みです。

 

米ドルと円の交換レートの変動に、一定の傾向が現れることがあります。しばらく上がり続ける傾向が見られることを、「上昇トレンドである」と表現します。逆に下がっていれば下降トレンドです。
こういったトレンドを見つけて、適切なトレードができれば利益に、予想に反した動きをしてしまったら損失となります。

 

また、上がっても下がってもいない状態を「レンジ相場」と呼び、こちらもまた上がったら下がる、下がったら上がるという予想が成り立ちます。

 

差益が発生するのは、上昇する局面だけではありません。下降トレンドのときは「高く売って、安く買う」取引をすると差益が発生します(この仕組みについては後ほど詳しく解説します)。

 

為替相場がどちらの局面にあっても、取引の仕方によっては差益を狙うことができます。

 

スワップポイントの受け取り(支払い)がある

 

FXで利益を出す方法は2種類。

 

1つはここまで解説してきた、通貨間の交換レート変動を狙う取引で、「安く買って高く売る」、あるいは「高く売って安く買い戻す」ことで、その差額を得る方法。

 

もう1つは政策金利差の調整額を狙うスワップポイント運用です。FXでトレードする2種類の通貨ペアのうち、政策金利(その国の基準となる基本金利)に差がある場合、その調整額をスワップポイントとして投資家が受け取る、あるいは支払う仕組みがあります。

 

スワップポイントは、日をまたいでポジションを保有すると発生します(そのタイミングは日本時間の朝であることに注意)。

 

(※2020/05時点)で、高金利なのはトルコリラ、メキシコペソ、南アフリカランドなど。逆に低金利の代表格は日本円で、他にスイスフラン、ユーロ、英ポンドなども低金利です。

 

これらを組み合わせた、トルコリラ円、メキシコペソ円、南アランド円の「買い」ポジションを持って日をまたぐとスワップポイントを受け取ることができ、「売り」ポジションで日をまたぐとスワップポイントを支払うことになります。

 

スワップポイントを受け取れるポジションを保有することで、日々利益が発生するのでスワップポイント狙いの運用をしている人もたくさんいます。

 

しかし、注意しなくてはならないのが為替の値動きも非常に重要だということ。たとえばトルコリラの買いポジションを持っているときにトルコリラの値段が下がれば、為替差損となります。

 

為替によって生じた損失が、せっかく得たスワップポイントを上回ってしまうこともあるので、スワップポイント狙いの運用には注意も必要です。

page top