FXで覚えておきたいレバレッジ

レバレッジを利用する

 

レバレッジを効かせる

 

レバレッジは英語でleverageと書き、「てこ」や「てこの原理」を意味します。

 

支点、力点、作用点、っていうあれですね。

 

英語の意味から想像できるように、掛けた力(資金)以上の力(取引額)を出せる仕組みです。

 

自己資本を元本として資金調達を行い、自己資金以上の取引額で取引ができる投資方法です。

 

わかりやすく言うと、お金を担保にそれ以上のお金を借りてトレードする、

 

こう説明するとイメージがわきやすいかもしれません。

 

担保となる手元の資金を取引保証金と呼びますが、これにレバレッジをかけることで何倍もの金額

 

の外貨を取引できるようになります。

 

例えば、レバレッジを掛けない普通の取引の場合、10万円の取引保証金であれば10万円分の取引

 

しかできません。

 

しかし、ここで10倍のレバレッジを掛けると取引できる金額が10万円の10倍、

 

つまり100万円となるのです。これがレバレッジの仕組みです。

 

よく「FXで10万円を1億円にした」などとネットで出ていたりすることがありますが、

 

これも高レバレッジでの取引が可能なために現実味を得ます。

 

株式では信用取引が一般的で、最大レバレッジは3倍です。

 

「株を始めるなら元手1000万はないと」と言われるのも、そこまでレバレッジを掛けられないから

 

元手が少ないと大して利益を上げられないからです。

 

それに対してFXでは最大25倍掛けられるので資金効率の高さは言うまでもないと思います。

 

最大レバレッジが25倍といいましたが、これは国内業者で個人口座を使用している場合の話で、

 

海外の業者を利用すればもっとレバレッジを掛けられることもあります。

 

FXが稼げると言われる所以がこのレバレッジにあります。

 

 

ハイリターンハイリスク

 

このように、レバレッジを効かせることは、ハイリターンハイリスクを含んでいます。

 

とはいえ、元本が少額ならば、利益が少額なのも事実です。

 

元本が少額で、ある程度の利益を望むのならば、レバレッジを使うのも一手でしょう。

 

レバレッジの倍率は、トレーダーの意志で選択出来ます。

 

自分にちょうど良い倍率を探せればよいでしょう。

 

倍率も含め、取引全体にしても、長い時間インターネット画面を睨んでいればその分利益が上がる

 

というものでもないようです。

 

長すぎない、適度な取引時間で、ストレスの少ない環境を整えることも重要です。

 

そうしたことにより、無駄なミスを防ぐことにも繋がります。

 

レバレッジおよびFX取引には、環境を整えながらの冷静な判断が必要です。

page top